2018年5月20日日曜日

H30年度 春季総会

こんばんは、3年の武田です。
5月20日(土)に春季総会が執り行われましたのでその報告をさせていただきます。

17時に会が始まると余田先生、川嶋監督、吉原OB会長よりご挨拶をいただき、渡辺さんの主将挨拶がありました。



この後、上半期活動報告、会計決算報告、OB会からの連絡がありました。OB会からの連絡では、来年度創部70周年に向けた準備を始めるといったお話がありました。

部員紹介。今年、新入生は河村君、吉澤君の2名が入部しました。


校歌斉唱と2年の五十嵐さんによるエールで締めとなりました。
閉会後に集合写真を撮りました。遠藤コーチ、神崎OBに写真を撮っていただきました。ごっつあんです。

今回の春季総会は部長の余田先生、役員陣含め20名近くの方々にお越しくださいました。お忙しい中、本当にありがとうございました。これで以上となります。

2018年5月18日金曜日

H30年度 GW合宿

ご無沙汰しております、平野です。
4月29日から5月1日にかけては、ゴールデンウィークを利用したGW合宿を実施しました。
新人歓迎合宿から一週間と間のない中で慌ただしくなりながらも、今年度最後の冬季活動を行ってまいりました。どうぞご覧ください。


■4月29日(日)
バスタ新宿(7:05発)===松本バスターミナル(10:23着)−−−松本駅(12:09発)□■□新島々駅(12:39着/12:50発)===乗鞍高原観光センター(13:37着/14:20発)===位ヶ原山荘(14:57着)

この日は移動日でしたが、GW真っ最中であったために高速道路が渋滞。
スキーツアー向けでない高速バスへの貨物量対策として先発隊と後発隊に隊を分けていた結果、バスの遅れた後発隊が最終便へ間に合わず、乗鞍高原観光センターで宿泊するという事態に見舞われました。

予想外のアクシデントではあったものの、急遽計画を修正し、翌日の第一便で位ヶ原山荘へ向かい合流することで意見が一致しました。

先発隊の撮影した位ヶ原山荘前。
最終便を待つ登山客で非常に混雑しています。

■4月30日(日)
位ヶ原山荘  剣ヶ峰

朝から混雑する位ヶ原山荘前にて合流し、この日はメインの剣ヶ峰ピストン。

朝も賑わっています。


合流後はちゃっちゃと準備し、シールをつけて登ります。
雪面は少し溶けかけていたものの、登山客が多いためトレースは十分。
迷う心配はありません。

久しぶりのシール歩行です。
2月以来なので、3ヶ月くらい?

登るうちに、パラシュート?の姿が。
どうやら「スノーカイト」と呼ばれる、
カイト(凧)の抵抗力を利用して滑るウィンタースポーツのようでした。

雪上を往く、五人の男女。(+撮影者)

剣ヶ峰のピークが見えた頃のハイマツの上で、板をデポ。
アイゼンに履き替えて登ります。

登れやのぼれ。

そして……

登頂!


眺望がすばらしい。
偵察に来た秋の乗鞍とは、また違った趣があります。

登頂記念、パシャリ。

この日は行動終了後、翌日の下山コースの様子を確認するために偵察を行いました。
除雪作業中の場所などもあり、路面と積雪面の高低差が数メートルほどにもなり危険なため、偵察をしておかなければ危ないところです。


■51 (火)C2――三本滝===乗鞍高原観光センター===新島々駅□■□松本駅—―
        ――松本バスターミナル===バスタ新宿

最終日は前日の偵察の結果を参考に、一度シール歩行にて登り返してから三本滝バス停までの下山を行いました。

早朝の朝日。寒いけれど、いい目覚めです。

日射は厳しく、肌を直接紫外線が焼いてきます。

しばらく登ると、平地に到着。
地形図いわく、あとは滑走にて下山するだけです。
休憩がてら写真撮影も行っていました。

ポーズだけは開放的なTAKEDA。

楽しそうなピースの紅一点。

筋肉。(主将)

みんなで楽しそうな写真も撮りました。
なんだこれ。



下山コースはなかなか厄介。
中には競技用のジャンプ台のような箇所もありました。

往路のバスから見えていたことですが、
終盤にはだいぶ雪のない斜面も。

最大の難関、落差二メートルほどの雪崖。
向かって左側から迂回して、どうにか下りました。
荷物や板は一度置いて、少しずつ運んだり。


それでもどうにか、無事下山。

お疲れさまでした。

今回の合宿では序盤から渋滞による隊の分断というアクシデントに見舞われたものの、最終的には計画を大きく外れることなく終了することができました。
今後は交通状況の変化にも備えた上で、万全の計画を立てていきたいですね。

2018年4月24日火曜日

H30年度 新人歓迎合宿


こんにちは、3年の矢野です。今回は4月22日(日)に奥多摩の日の出山で行われた新人歓迎合宿をご報告いたします。

■4月22日(日)
御嶽(8:57着、9:38発)===ケーブル下滝本駅(9:48着、10:00発)===御岳山駅(10:06着)――御岳山―――七代の滝―――神代ケヤキ―――日の出山―――松尾バス停===武蔵五日市駅

天候悪化による延期や、新入生との予定調整による日帰りへの変更など当初の計画から変わった点は多くありましたが、無事新入生4人を迎え、登山日和の御岳駅で出発式を行いました。
新入生のみなさん
ケーブルカーで御岳山駅まで上がると、山頂には犬にゆかりのある御岳神社があります。多くの観光客でにぎわう中、木陰で新入生と談笑。お守りを買ったりおみくじを引いたり。
雄々しい背中

その後は足を伸ばして七代の滝へ。流石にこの時期は賑わいがあります。
興味津々
御岳山に戻り、観光地を抜けて少し静かになった登山道から日の出山を目指します。今年の新入生は体力があって速いです……。

元気いっぱい
山頂に着いたらお昼ご飯。今回はすき焼きでした。割れないよう、痛まないよう細心の注意を払った温泉卵が新入生に届いて何よりです。青空の下でコンパも盛り上がりました。
日帰りならでは
無事に下山後は、みんなで温泉に入ってリフレッシュ。
お肌ツルツルつるつる温泉
ワンゲルの活動は縦走に自転車、山スキーまで多岐にわたり、その魅力を一度に伝えるのは中々難しい事ではありますが、今回の合宿で新入生にワンゲルの雰囲気や楽しさは伝えられたのではないでしょうか。ご参加ありがとうございました。
入部お待ちしております







嶽㸦ڦڧڦⓎ㸧
8:57
ࠊ着
9:38
Ⓨ㸧
===
ࣝࣈ࣮ࢣୗ滝本駅
9:48
ࠊ着
10:00
Ⓨ㸧
===
御岳山駅㸦
10:06
着㸧――御岳山――綾広ࡢ滝
――
七代ࡢ滝
―――
神代ࣖࢣキ―――日ࡢ出山―――松尾ࣂス停
===
武蔵஬
日市駅
御岳山駅㸦
10:06
着㸧――御岳山――綾広ࡢ滝
――
七代ࡢ滝
―――
神代ࣖࢣキ―――日ࡢ出山―――松尾ࣂス停
===
武蔵஬
日市駅

2018年4月13日金曜日

H30年度 第1回新歓説明会

こんにちは!2年五十嵐です!!今回は昨日行われた第1回新歓説明会の様子をご報告いたします。

その前に!!お知らせがあります!!!
【画面の向こうの新入生の皆様へ】
■4月14,15日に予定されていた新歓合宿は悪天候が予想されるため、翌週の21日,22日に変更になりました
■つきましては、第2回説明会を4月17日(火)に行います
5限後の18時30分~、部室S115に集合してください!!
※話す内容は基本的に第1回と同じ内容です
■第1回でご都合が悪かった方、入る団体に迷っている方、自然や山に興味のある方、是非お越しください!!お友達とのご参加も歓迎しております!!


それでは第1回説明会のご報告を!
今回は女子含む5名の方にお越しいただきました!!本当にありがとうございます!!!
この日の為に作った資料、見てくれる新入生が来てくれて何よりです。ワンゲルの良いところを出来る限り伝えようと、ミニ動画を入れるなどの努力をしてみました。魅力が伝わったと信じております……!!矢野さんからもお手製の新歓合宿パンフレットを用いた説明をいただきました。

説明会の後は新入生と食事会へ行きました!!新入生同士や先輩と、部活のことからそれ以外のことまで沢山お話しできたのではないかと思います。
加工画像でお送りします
今週土曜日は合宿延期により大学で装備点検などの活動になります。興味がある方はぜひ来てくださいね!!説明会に出られない方や、新歓合宿に参加したい方などはお気軽にメール(サイトにメールフォームがあります!)かDMでご連絡ください。お待ちしております!!

最後に少し……
今回来てくれた女子の方、ご参加ありがとうございました!!
私自身が緊張して上手く話せませんでした。連絡先も聞き忘れてしまい、もっとお話ししたかったのですが……。ごめんね!もし良ければ連絡お待ちしております。
次回も女子の方が来ていただけるととても嬉しいです!!少しでも興味のある方、お友達と一緒に来たりでも構いません。合宿の帰りに買ったライチョウのぬいぐるみと共にお待ちしております!!出来れば新歓合宿で一緒に焼きマシュマロを食べたりしてみたいな……!(*'▽')
とはいえ男女問わず絶賛お待ちしているヨ!!

2年五十嵐


2018年3月28日水曜日

H30年度 3月合宿(後半)

前任者の仕事が(珍しく)早かったため、あわてて筆をとった2年の矢野です。奄美での活動については3月合宿(前半)のブログをご参照ください。抱腹絶倒間違いなしです。
天候に恵まれなかった前半とはうって変わり、後半3日間は見事な晴れ空でした。月に35日雨が降るなんて言われる屋久島で、これだけ晴れているのは珍しいようです。(鹿児島出身のTさん談)


3月23日(金)
鹿児島本港高速船ターミナル~~安房港==紀元杉――淀川登山口――淀川小屋
揺られに揺られて船酔一晩、某世界の果てまでバラエティーならキラキラ処理がかかる所でした。ふらつく足取りで鹿児島に上陸、休む間もなく高速船で屋久島に向かいます。
こちらは幸い揺れず
港から出るバスで今度は紀元杉へ、そこから徒歩で淀川登山口へ向かいます。バスを降りた時点で標高は1000m以上、気温もかなり低めでした。

いざ屋久島
屋久島にはいくつかの避難小屋があり、今晩はその一つの淀川小屋に泊まります。まだシーズンではないものの、小屋は最終的に登山客でかなりの賑わいでした。

3月24日(土)
淀川小屋――花乃江河――投石平――宮之浦岳――焼野三叉路――新高塚小屋――高塚小屋
トイレに立っただけで凍りつきそうな屋久島の夜、ここは本当に鹿児島なのか…メンバーも軒並み寝不足です。8時間超えの行程に不安を覚えつつ、まだ暗い中出発します。
ここだけ色彩が違う…
少し前までは屋久島も雪だったようで、登山道にはかなりの雪がついていました。木道や岩場も凍結状態、良く滑る。男連中が黄色い悲鳴を上げながら進んでいきます。軽アイゼン様大活躍でした。
ファ○ト~一発!
ワンゲルでこれだけ晴れた合宿も珍しく、気持ちのいい縦走でした。同じく天気に恵まれた台湾雪山縦走を想起させます。足下はあちらよりよっぽど雪山でしたが…
上を向いて歩こう
下を向け転ぶぞ
ほうほうの体で山頂に到着。やはり晴れた山頂は良いものです。雪がつくと歩くのに
は大変ですが、その分景色も格別です。良いところ取り出来んものか。
残雪が良い感じです、見てる分には
晴れた山頂はやはり良い…
平野君も思わずこの表情
高塚小屋に到着後時間があったため、少し下った所にある縄文杉を拝みに行きました。曲がりくねった形故に江戸時代の伐採を逃れたそうですが、よくぞ残ってくれましたとも言うべき見事な古木でした。
神々しい…

3月25日(日)
高塚小屋――縄文杉――ウィルソン株――楠川分れ――辻峠――白谷雲水峡==宮之浦港
長かった3月合宿も最終日、高塚小屋以降は木道がかなり整備されており暗い中でも歩きやすくなっていました。途中のスポットもスルーして進むワンゲル下山部。
トテモアルキヤスイ
途中から屋久島名物(?)、トロッコ道に入っていきます。スタンドバイミーさながらに線路を歩いて行く、映画を見たことはありませんが…
線路は続くよ
最後の登り返しで辻峠を越えると、ハイキングコースに入るようで登山客も増えてきます。人が多いと下界感も出てきますね…白谷雲水峡に到着し、無事下山です。
渓流で一息
個人的には入部当初からの目標だった屋久島であり、天候にも恵まれ非常に良い合宿を終えることができました。3月の合宿は春休み中という事もあり、普段よりも自由度の高い合宿を行う事が出来るのが魅力ですね。拙い文章でしたが、ご精読ありがとうございました。
さらば屋久島



Copyright © 2007HWV : Hosei Wander Vogel, club. Some rights reserved.